『スーサイドショップ ~ようこそ、自殺用品専門店へ~』

90分 一般向け 原作…ジャン・トゥーレ
2017年 劇団仲間のアトリエ公演として上演されました。

「スーサイド・ショップ -ようこそ、自殺用品専門店へ-」
原作/ジャン・トゥーレ(原題:LE MAGASIN DES SUICIDES) 訳/浜辺貴絵
脚本・演出/西上寛樹

「まったく。あの子の明るさといったら、まるで新しいMacbookproのディスプレイのようだ。」
「明るさが67%増したって言いたいのね?」

ミシマ・テュヴァッシュ。パリで211年続く老舗を切り盛りするこの男の商売は、自殺用品の販売。テュヴァッシュ家は、十代続く自殺用品の専門店だ。
首吊り、服毒、ガス、入水、飛び降り、焼身、ハラキリセット…テュヴァッシュ家では、古今東西あらゆる方法の自殺用品を取り揃えている。美しい妻と二人の子宝に恵まれてミシマの人生は順風満帆に見えた。アランが生まれるまでは。
アラン・テュヴァッシュ。この天使のように、いや、悪魔のように明るい末っ子が、テュヴァッシュ家211年の歴史の歯車を狂わせる。
老舗存続は、たすきのリレー。ミシマは、無事我が子を暗い性格に育てられるのか。
フランスの問題作、ついに舞台化!!

【出演】
更井孝行/鎌田睦大/内堀 創/菅野幸治/小西智春/吉田委世/安部由利子

【スタッフ】
美術:髙田 潔
照明:太田奈緒美
効果:金子幸世
演出助手:木内 希
舞台監督:鈴村志門
制作:三橋怜子

戯曲の閲覧ページより本作品の戯曲をご覧いただけます。

 

アンケートより
〇想像していた内容と異なりすごく考えました。あっという間の90分でフランスの街を楽しみました。 女性
〇とても面白かった!! 温かくもどこか切ないラブシーン。アランは本当に悪魔ゆえの天使。天使ゆえの悪魔!! この劇の空気感・・・素敵でした。 18歳女性〇ダンスがすごく良かった。シュールさが良く出てた。特にご先祖様のダンス!! 36歳女性
〇面白かったです。一人が何役かやっていても混乱せず観られたので分かりやすく表現されているのだと思いました。 女性
〇シュールだがクオリティが高く素晴らしかったです。次もぜひ観たいと思いました。 男性
〇いやー。よかったよねー。泣きました。さすがフランス。演出もシナリオもものすごく良かったです。 26歳女性
〇アトリエならではの作品。おしゃれでスリリングで展開が面白かった。女性

Twitterより
〇人形劇の演出家が初の人間芝居を演出、狭いアトリエ公演にもかかわらず、負のパワーでガンガン楽しませてくれました! 冒頭の自殺道具を買いに来る人の表現がセリフとともに秀逸。役者さんも達者! 再演望! 40代男性
〇これだけ言えるのは、脚本の人は原作を読み込んだうえで脚色を加えていた すごく愛を感じた公演だった 時代は現代に合わせていて、でも原作と同じセリフがあったり日本人にわかりやすくしてある 10代女性

libraryで戯曲をご覧いただけます。